ふじみ野市の 整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科なら 医療法人社団医青会 新井整形外科

TEL 049-264-3911

〒356-0004 埼玉県ふじみ野市上福岡1-5-28 武井ビル1階
 アクセス ≫ 

看護課

o(^-^o) ようこそ看護課へ (o^-^)o

看護課へ


いつも優しく、時には厳しく、明るい笑顔で励んでいます。

安心・納得の治療が受けられるように、質問や疑問・不安は持ち帰らずに、

何でも遠慮なく聞いてくださいね








看護課では、おすすめの知って得する豆知識をお届けします

応急手当について

スポーツ活動で起こるケガには、大きく分けると二通りあります。


(1)スポーツ外傷 例)骨折、捻挫など

  突発的で、大きな力が加わって起こるケガです。


(2)スポーツ障害 例)疲労骨折、骨端症、腱鞘炎など

  スポーツを続けているうちに、高い頻度で局所にストレスが加わることで起こる故障。いわゆる「使い過ぎ」です。


まず(1)の、スポーツで起きやすい手や足のケガ「骨折」「捻挫」などの応急手当(学校や家庭でできる手当)について、基本となる4つの要点を説明します。


スポーツ外傷の手当の基本はRICE(ライス)です。

R=Rest 安静(固定)

  患部を動かさないことで、悪化を防ぐことができます。

  これくらい大丈夫!と、さらに動かすと内出血や腫れがひどくなり、治りが比較的遅くなります。

Ⅰ=Ice 冷却

  内出血と神経の興奮を抑えて、痛みを軽くします。

  保冷材や氷のうで冷やしましょう。冷やし過ぎによる「しもやけ症状」に注意しましょう。

C=Compression 圧迫

  内出血と腫れを最小限に抑えます。

  包帯や三角巾などで患部を適度な強さで締めます。締め過ぎによる神経の圧迫や、血流の障害に注意しましょう。

E=Elevation 挙上

  患部を心臓より高くすることにより、内出血や腫れを抑えて、痛みを軽くします。


※傷口が開き、出血が伴う場合は、傷口の洗浄と止血を優先させてください。


(2)のスポーツ障害は、無理をせず、体の痛みと相談しながら、患部を休ませることが一番の治療になります。

ケガの後遺症に悩むことになるかもしれません。

ケガの程度を確認するためにも、お気軽に当院へご相談ください。


★各課の紹介はこちら★